Revo Of SATRI-IC

SATRI-ICは少しずつ進化しており、現在のBPM-7110HSは3代目のICになります。

この進化はどういったものであったのか、解説します。

SATRI-ICの最初のバージョンBPM-7110Tです。1998年に作られました。バクーンプロダクツのローマ字表記がBakuun Productsになっています。ケリー伊藤氏から、Bakuunでは読めないという指摘があり、後のバージョンからはBakoonに変更しました。この バージョンでは表面のシルクが上下さかさまになってしまいましたが、変更しようにも、後の祭りでした。トランジスタは一般用のものを使い抵抗はカーボン抵 抗です。

2000年に新たにパターンを起こしたBPM-7110TSです。トランジスタをオーディオ用の低雑音のものに変更、ピン番号をつけました。ただ、Bakoonのaを抜かしてしまい、Bkoonになってしまいました。これも、後の祭りです。

BPM-7110HSです。更なる精度を目指して、抵抗を0.1%精度の金属皮膜抵抗に変更し、両面ともメッシュのグランドプレーンで覆いました。また、モールドの樹脂も最新の1液型エポキシ樹脂に変更し、信頼性が大幅に向上しました。

2007年5月から発売されるSATRI-IC-SP V1.0です。前のバージョンのBPM-7110HSとはまったく回路が違っています。新しく開発 された超高精度のカレントミラー回路、SATRI回路V9.0をSATRI-ICそのものに取り込みました。それにより、歪が1/10になり、より原音に 近い再生を可能にしました。

SATRI-IC-SPの後継として開発された、SATRI-IC-EXです。2011年11月から標準搭載ICとなっています。

SATRI-IC-EXの精度をさらに高めた、SATRI-IC-ULです。実装部品の微細化により、究極とも言える精度を実現しています。